羽田空港 航空ニュース

羽田空港勤務の日本空港ビルデングの社員が新型コロナウイルスに感染

日本空港ビルデング株式会社は、羽田空港内に勤務している従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したことを発表しました。

スポンサーリンク

該当の従業員は、3月20日に発熱したことから、自宅待機の措置とし、その後所管の医療機関によって4月1日に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました。またその従業員は、旅客と直接的に接する業務には就いておらず、第1ターミナル業務事務職となり過去1カ月で海外への渡航歴はありません。

同社は、保健所の指導のもと、濃厚接触者を特定して、自宅待機を指示し、感染した従業員が執務していた事務室を消毒するなど、感染拡大の抑止に努めているとし、『お客さまおよび従業員等の感染拡大防止と安全確保を最優先に、監督官庁の指示に基づき、迅速に対応方針を決定し、実施してまいります。羽田空港をご利用のお客さまや関係する皆さまにおかれましては、大変ご心配をおかけし心からお詫び申し上げます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます』とコメントを発表しています。

スポンサーリンク

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線に関するまとめ【2020/3/31更新】

NCAの経過観察中のパイロット1名の新型コロナウイスの感染を確認し合計7名が感染

羽田空港に隣接する『HICity』2020 年7月初旬に先行開業することを発表

ANAのパイロットが新型コロナウイルスに感染

スポンサーリンク