空港 航空ニュース

台湾の桃園空港、1日の利用者数が1,000人を下回り開港以来最低を記録

台湾の台北桃園空港は、新型コロナウイルスの影響を受け、1日あたりの利用客数が1979年の開港以来最低となったことが明らかになりました。

航空需要の低下急激に進み、4月に入ってからは出入国者が、1日が2130人、2日が2163人、3日が1423人、4日は961人となりはじめて1000人未満となり開港41年で最低となっています。

なお同空港内の店舗は、一部店舗は営業時間を短縮、その他店舗は6月末までの営業停止を決めており空港は閑散とした姿になっています。
参考記事:中国新闻网
画像引用:桃園空港

スポンサーリンク

ニュージーランド航空、2020年4月2日の平均搭乗率は約2%を記録

仁川空港とソウル駅を結ぶ直通列車のAREXが3ヵ月間運休へ 同空港の利用客は90%減 

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線に関するまとめ【2020/4/4更新】

スポンサーリンク