FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港 関西国際空港

アエロフロートロシア航空、国際線の運休期間を7月末まで延長 羽田線の再開、関西線の開設も8月に延期へ

アエロフロートロシア航空は、新型コロナウイルスの影響により全国際線の運休期間を2020年7月末まで延長する方針であることが明らかになりました。既に予約の受付を停止しています。

スポンサーリンク

今回の措置に伴い、5月1日から運航再開を予定していた東京/羽田~モスクワ/シェレメチェボ線と6月1日に開設を予定していた大阪/関西~モスクワ/シェレメチェボ線は、共に2020年8月1日(日本発は翌日)から運航を開始する計画に変更されています。また機材においては、一時羽田線にA330が投入されましたが、運行再開後はB777-300ER、関西線も計画通りA350-900型機が投入される予定となっています。

なおロシアのプーチン大統領は、ウイルス対策の長期化に伴い弱体化する国内エアラインに対し、230億ルーブル(3億1000万ドル)の財政支援を行う方針を示しています。画像引用:Aeroflot

スポンサーリンク

昨年のアエロフロート1492便の炎上事故の別角度の鮮明な動画が公開される 機長は告発され今後裁判へ【動画あり】

アエロフロートロシア航空、同社向けA350-900型機の初号機を受領 6月には関西線に投入へ

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線に関するまとめ【2020/4/12更新】

スポンサーリンク