FSC 航空ニュース

ANA、新型コロナウイルスの影響に伴う国際線の路線・便数計画の一部変更を発表 ストックホルム線の開設は延期し就航日は未定【4月22日発表分】

ANAは、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う各国における出入国規制や検疫体制の強化、需要動向等を踏まえ、2020年夏季ダイヤ期間の国際線一部路線について、追加対応を決定したことを発表しました。また新規開設されていたストックホルム線の開設は延期となり新たな就航日は未定となります。

スポンサーリンク

【5月15日まで】
本日発表の、3月29日~5月15日における国際線運休・減便数は、7路線46便です。本日の発表分を含む、当該期間における国際線の運休・減便数は、72路線合計7,466便となります。

画像引用:ANA

5月16日~5月31日まで
本日発表の、5月16日~5月31日における国際線運休・減便数は、67路線2,415便です。本日の発表分を含む、当該期間における国際線の運休・減便数は、71路線合計2,535便となります。※本日発表内容は備考欄に★(黄色背景)を記載、一覧には変更がなく通常どおり運航する便(グレー背景)も記載。

画像引用:ANA

また6月6日より就航開始予定でした羽田~ストックホルム線(週3便/月・木・土曜日運航)は、開設延期となり新たな開設日は決定次第案内予定となっています。

スポンサーリンク

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線の延期・再開などに関するまとめ【2020/4/19更新】

ANA、羽田発国際線の出発ターミナルを発表 目的地によりターミナルが異なり第2・第3を使用

ANA、3月29日供用開始の羽田空港第2ターミナル国際線エリアのサービス内容を発表 【出発エリア・ラウンジ】

スポンサーリンク