FSC 新規就航・増便・減便 航空ニュース

FDA/フジドリームエアラインズ、4月28日より全路線全便を運休

FDA/フジドリームエアラインズは、新型コロナウイルス肺炎の影響による航空需要の減少と、緊急事態宣言の対象区域が全国へ拡大され、移動の自粛等が継続されることに伴い、2020年度夏ダイヤ期間における2020年4月28日(火)~5月17日(日)においてすべての運航便を運休することを発表しました。詳細は以下の通りです。

スポンサーリンク

【運休期間】2020年4月28日(火)~5月17日(日)・・・合計20日間
【運休路線】全22路線
【運休便数】860往復/1,720便 ※1日の運航便数は43往復/86便

対象便の予約者には、払い戻しもしくは、上記運休期間以外の便への振替、その他交通機関への振替を案内するとしています。

また、「2020年5月18日(月) ~ 5月31日(日)」においても運休などの検討をしており、そのため再度、運休・減便が決定するまでの間、一時的に当該期間の予約の受付を停止しています。 なお5月8日を目途に運休・減便の詳細を決定し案内予定となっています。画像引用:FDA

スポンサーリンク

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線の延期・再開などに関するまとめ【2020/4/22更新】

エアアジアジャパン、全路線の運休期間を5月31日まで延長

ピーチ、国内線の5月31日までの追加の減便・運休路線を発表

スポンサーリンク