FSC 航空ニュース

エミレーツ航空、2020年5月21日より9都市への運航を再開

エミレーツ航空は、2020年5月21日より9都市への定期便を運航を再開させることを発表しました。

スポンサーリンク

 

定期便として再開されるのは、ドバイ~ロンドン/ヒースロー、フランクフルト、パリ、ミラノ、マドリード、シカゴ、トロント、シドニー、メルボルン線となり、イギリス-オーストラリア間では接続が可能となります。またこれらのフライトは、公式ホームページから予約が可能となってますが、渡航先の入国制限を満たすことが条件となっています。

同社のAdel Al Redha COOは、「これらの目的地への定期旅客サービスを再開できることを嬉しく思います。UAEからこれらの都市、さらにはイギリスとオーストラリアの間を旅行するお客様に、より多くの選択肢を提供します。私たちは当局と緊密に協力して、追加の目的地への営業再開を計画しています。私たちは、ソーシャルディスタンスと衛生化に関して、関係当局と協力して空港で追加の対策を実施しました。当社の従業員、顧客、コミュニティの安全と福祉は、私たちの最優先事項です。」とコメントを発表しています。画像引用:Emirates

スポンサーリンク

エミレーツ航空CEO、『A380とB747は終わった』

エミレーツ航空、新型コロナウイルス対策で搭乗前の血液検査を実施

ドバイ政府、エミレーツ航空の資金面の全面的なサポートを約束

スポンサーリンク