FSC 航空ニュース

タイ政府、タイ国際航空の経営再建において破産も選択肢の一つとして検討

タイ政府は、財務状況が悪化しているタイ国際航空の経営再建について、破産も選択肢の一つとして検討していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

 

タイ財務省のUttama Savanayana大臣が明らかにしたもので、再建のために破産を申請することも選択肢の一つであると発言し、国営企業であるタイ航空を監督する財務省と運輸省は、更生計画の策定について話し合ったが、最終的にはタイ航空に最適な再建案を選択するのは政権となるだろうと語っています。

以前から、経営状況が思わしくない同社は、コロナ危機を機に急速に財務状況が悪化し、会社存続には約4,500億円が必要とされていることから、現段階で政府は、最大8,000人規模の人員削減を条件に1800億円のつなぎ融資を実施する方針を示しましたが、労働組合や複数の取締役の抵抗があり話がまとまらない状態となっているとされています。

またタイの金融大手のPhatra Capitalの会長が破産法に基づき政府主導で再生を目指すべきと指摘する声もあがっており、今後Prayut首相がどのような判断を下すの注目されています。参考記事:Bangkok Post 画像引用:Airbus

スポンサーリンク

タイ国際航空の経営再建計画の一部であったエアバスとのウタパオ空港の整備拠点化計画が白紙へ

タイ国際航空、日本路線の運休期間の延長を発表 主要路線は2020年7月1日まで運休

タイ国際航空、コスト削減で保有機種数を削減へ

スポンサーリンク