FSC 航空ニュース

キャセイパシフィック航空、2020年4月の搭乗実績を発表 乗客は前年比99.6%減

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、2020年4月の搭乗実績を発表しました。

スポンサーリンク

 

搭乗客は、前年比99.6%減の13,729人、搭乗率は62.3ポイント減少し21.7%となり、1日の乗客数は500人未満であったとしています。また同社のRonald Lam CCOは、新型コロナウイルスは前例のない影響を与え、少なくとも数ヶ月は財務状況の見通しは暗いままであるとコメントしています。

既に6月から日本線を含めた一部路線で運航を再開させる計画を発表してますが、まだ改善の兆候は見られていないとし、ビジネスおよびレジャー旅行は当面の間深刻な影響を受けると推測しています。

一部報道では、自社および傘下のキャセイドラゴン航空と香港エクスプレスのいずれかを統合させ新ブランドとすることを検討しているとの情報もあり、今後の事業再建に向けた動きが注目されています。画像引用:Airbus

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空、事業再編でキャセイドラゴン航空と香港エクスプレスを統合し『キャセイエクスプレス』の設立を検討か

キャセイパシフィック航空、2020年6月21日より大阪/関西~香港線を再開 成田線もデイリー運航に増便

キャセイパシフィック航空、B777Xの受領延期またはB787-10型機への発注機材変更を検討か

スポンサーリンク