FSC 航空ニュース

タイ国際航空、経営再建で6,000人規模の人員を削減へ

タイ政府は先日、タイ国際航空を破産法に基づき会社更生手続き開始とする事を閣議決定しましたが、今後6,000人規模の人員削減が必要になることを明らかにしました。

スポンサーリンク

 

経営再建にあたっては、以前から人員削減が必要事項として挙げられていたものの、労働組合や天下りした複数の取締役などからの反発により実現できていない状況が続いていました。しかしながら今回の会社更生手続き開始により、ようやく人員削減に着手できることになり抜本的な改革が進むことが期待されます。なお解雇となる従業員は、労働法により10ヶ月分の給料を受け取ることになります。

再建期間は、少なくとも1年以上は要する見込みとしており、長らく問題視されていた会社体質を改善することにより業績回復を目指すことになります。同社は、危機的状況を乗り切るために可能な限りのことを実施するとし、これは自社がより堅実で持続可能な企業へと変化できる大切な過程と捉えておりますとコメント発表しています。
参考記事:THE NATION THAILAND 画像引用:AIrbus

スポンサーリンク

タイ政府、タイ国際航空の破産法に基づく会社更生手続き開始を閣議決定

タイ国際航空、2024年までにB747-400型機を全機退役へ

タイ国際航空の経営再建計画の一部であったエアバスとのウタパオ空港の整備拠点化計画が白紙へ

スポンサーリンク