FSC 機材 航空ニュース

ブリティッシュエアウェイズ、B777-200型機を一時的な貨物機に改修

ブリティッシュエアウェイズは、保有するB777-200型機のG-YMMKを一時的な貨物機に改修したことがわかりました。

スポンサーリンク

 

IAGグループのWillie Walsh氏は、先日の決算発表において他社同様に複数のB777型機から座席を取り除き改修を行うことを検討していると明らかにしており、これが実行された形となります。

改修はカーディフのメンテナンス施設で10日をかけ行われ、エコノミークラスの座席が取り除かれました。今後新型コロナウイルス対策に必要な医療機器等の輸送を想定しています。

これまでに多くのエアラインが旅客機を一時的に貨物機に改修しており、ボーイングやエアバスの主要機種はほぼ全てが改修対象となりました。今後はA380の改修を行うエアラインもあるとされ、これからも同様の措置を行うエアラインは更に増えていくものと予想されています。なお、改修などを手掛けるルフトハンザテクニックは、40社以上から改修の問い合わせを受けていることを明らかにしています。画像引用:British Airways

スポンサーリンク

A380に改修を施した貨物機仕様が近く誕生へ

フィンエアー、A350に続きA330の一時的な貨物機への改修を発表

オーストリア航空、B777-200型機を一時的に貨物機化したことを発表

スポンサーリンク