成田空港 航空ニュース

成田空港、利用客にマスクの着用を要請 着用しない場合は空港への入場拒否も

成田空港は、新型コロナウイルス感染症対策を発表しました。

スポンサーリンク

 

現在成田空港で行っている取り組みは、検温の実施、消毒・清掃の実施、空港内の換気の強化、ソーシャルディスタンスの確保、利用客・空港内事業者向けの情報発信となります。

画像引用:NAA

空港内の旅客動線における感染症対策は以下の通りです。

画像引用:NAA

利用客へは、来港の際に必ずマスクを着用するよう要請しており、マスクを着用しない利用客や体調がすぐれない利用客の空港への入場を断る場合があるとしています。また、空港内の事業者に対しても、従業員のマスク着用を指導しており、勤務中には、勤務内容・就業場所に応じてマスク又はフェイスシールドの着用を要請しています。

現在、国内線保安検査場前にて、出発する旅客への検温を実施しており、発熱等、感染症の症状がみられる場合、航空便利用の自粛を要請しています。なお国際線については、今後示される国の指針に基づいて適切に対応する予定です。

画像引用:NAA

空港内の換気については、外気取入れ量の増、および空調運転時間の延長を実施し、「推奨される換気方法」として専門家検討会で示されたビル管理法における空気環境基準を充分に上回る水準の換気量を確保したとしています。

画像引用:NAA

今後の取り組みとして、スタッフとの接触機会を減らすため、自動チェックイン機、自動手荷物預け機などセルフサービス型の搭乗手続きを拡充し、搭乗券やパスポートの都度提示が不要となる顔認証を活用した非接触型搭乗手続きを導入予定としています。

スポンサーリンク

成田空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

国交省、成田空港の鉄道アクセスの将来需要を調査 機能強化が必要であれば本数増へ向け対策

成田空港、中期計画・長期構想を発表 羽田と成田で年間100万回の発着枠を確保

スポンサーリンク