事故・トラブル 海外LCC情報

ベトジェットエアVJ322便が、ホーチミン/タンソンニャット国際空港で着陸時に滑走路から逸脱

6月14日午後12時25分頃ベトジェットエアのフーコック発ホーチミン/タンソンニャット国際空港行きVJ322便が、着陸時に滑走路から逸脱し、草地にて停止する事故が発生しました。

スポンサーリンク

 

該当機は、中国のCCBファイナンシャルからリースされ2018年から同社で運用されているA321(VN-A657)となり、画像から前輪やエンジンが損傷しているものと推測されます。

事故当時の周辺空域の気象状況は雷雨で強風であったとされており、25Lへの着陸後右にそれて草地にて停止しました。乗客は手配されたバスで約1時間後にターミナルへ移動し、乗員乗客に怪我人が発生していない模様です。なおこの事故により滑走路が閉鎖され、他機に遅延などの影響が発生しました。

スポンサーリンク

ベトジェットエア、中部国際空港・福岡空港・鹿児島空港への就航を発表

ベトジェットエア、導入するA321XLRで中東・東ヨーロッパ・オーストラリア線の開設を検討

ベトナム運輸航空局、ベトジェットエアを18日間の監視下に置くことを決定

スポンサーリンク