FSC 航空ニュース

カンタス航空、ニュージーランド線を除き10月下旬まで国際線を運休へ 豪観光大臣は観光客の受け入れは2021年からとの見解を示す

カンタス航空は、ニュージーランド線を除き10月下旬まで国際線を運休することがわかりました。

スポンサーリンク

 

これはオーストラリアのSimon Birmingham観光大臣が、観光客の受け入れ再開は2021年からになるとの見解を明らかにしたことによる措置となり、同社は夏ダイヤの運航分を運休とします。

現在オーストラリア政府は、他国同様に、新型コロナウイルスの抑え込みに成功し感染リスクの少ない国との往来を認めるトラベルバブルを行う予定としており、ニュージーランドとの間ではほぼ行う見込みとなっていることから、ニュージーランド線は運航される見込みです。

なお一部報道では羽田線も対象になるとの情報もありますが、現時点で正式な発表はありません。日本側の報道でも、オーストラリアが運航再開の第一段階の候補(オーストラリア・ニュージーランド・タイ・ベトナム)の一つになっていることから、今後運航が計画される可能性もあります。
参考記事:7news 画像引用:Qantas

スポンサーリンク

カンタス航空、約20時間飛行の超長距離路線を目指す『サンライズプロジェクト』を一時保留へ

カンタス航空、ジェットスターパシフィックの合弁事業から撤退へ ブランドはパシフィック航空に

カンタス航空、年内の新造機の受領は延期へ A321LRの導入も先送り

スポンサーリンク