FSC 航空ニュース

エミレーツ航空、10路線を運航再開し就航都市は40まで回復 既存路線は7月に増便

エミレーツ航空は、運休していた10路線の運航を再開し、既存路線は7月に増便を予定していることを発表しました。運航再開路線は、以下の通りです。

スポンサーリンク

 

◆6月20日 コロンボ
◆6月24日 シアールコート
◆6月25日 イスタンブール
◆7月01日 オークランド・ベイルート・ブリュッセル・ハノイ・ホーチミン
◆7月15日 バルセロナ・ワシントンDC
※ドバイ発のスリランカ・ベトナム・パキスタン路線は搭乗できません。

上記路線の再開によりエミレーツ航空が運航する定期便は40路線まで回復することになります。また、7月には以下の既存路線において増便することを併せて発表しています。

ロンドン/ヒースロー、マンチェスター、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、マドリード、アムステルダム、コペンハーゲン、ダブリン、ニューヨークJFK、トロント、クアラルンプール、シンガポール、香港
画像引用:Emirates

スポンサーリンク

エミレーツ航空CEO、『A380とB747は終わった』

エミレーツ航空、600名のパイロットと6,500名の客室乗務員を解雇か

エミレーツ航空、未受領分のA380のキャンセルをエアバスと交渉へ

スポンサーリンク