FSC 航空ニュース

ANA、武漢の特別チャーター便の運航で外務大臣から感謝状を受領

ANAは、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、中国湖北省からの日本人の退避に際し、チャーター機の運航および様々な関連業務や支援を行い、在留邦人をはじめとする多くの方々の生命と健康の保護に寄与したとして、6月23日、茂木敏允外務大臣から感謝状を受領したことを発表しました。

スポンサーリンク

 

茂木大臣からは、ANAの協力により,日本は他国に先駆けて、武漢に5機のチャーター機を運航し、湖北省に在留し帰国を希望する全ての日本人とその御家族828名の早期帰国を実施できた。
ANAから多くのスタッフが新型コロナウイルス感染の不安や危険に顧みず、この退避オペレーションに従事され、その勇気と多大なる貢献に心からの謝意を表したい旨述べました。

また、世界各地で邦人の出国・帰国が困難となる中、臨時便の運航や定期便の維持により多くの邦人の出国・帰国の手助けをしていただき、これまでに、世界各国から約10,700名の邦人の帰国が実現した。海外に渡航・滞在する邦人の保護は,外務省の最も重要な責務の一つであり、今回の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、その重要性は一層高まっており、引き続き御協力願いたい旨述べました。

これに対し平子代表取締役社長から、茂木外務大臣より直接感謝状を授与いただき感謝申し上げる、多くの社員が、チャーター便業務に献身的に従事したことで,ANAグループとして日本人とその御家族の帰国に貢献できたことは大変光栄なことである旨述べました。画像引用:外務省

スポンサーリンク

ANAホールディングス片野坂社長、『B737MAXは正式に契約していない』 今後の需要予測を語る

ANAHD、ピーチ向け既存発注分A320ファミリーの2機をA321LRに発注変更

ANA、新型コロナウイルスの影響に伴う国際線の路線・便数計画の一部変更を発表 イスタンブール・モスクワ線は開設時期未定に【6月9日発表分】

スポンサーリンク