FSC 機材 航空ニュース

エミレーツ航空、7月15日からA380の運航を再開へ まずはロンドン・パリ線に投入

エミレーツ航空は、2020年7月15日より運航停止を続けているA380の運航を再開することを発表しました。

スポンサーリンク

 

同社は、新型コロナウイルスの影響による需要の減退によりA380の運航を見合わせ、同機よりも座席数が少ないB777を運用していましたが、7月15日よりA380の運用を再開します。投入路線は、ドバイ~ロンドン/ヒースロー・パリの2路線が発表されており、今後路線が拡大していくことが期待されています。

同社のTim Clark CEOは、『A380はワクチン開発後のみに再び空に戻る』とコメントしたことが報道されていましたが、実際にはそれよりも早い復帰となります。また同機に関しては、2022年には全機復帰することを期待しているとコメントしていますが、今後受領予定のA380については、キャンセルや延期交渉を行っている模様です。

多くのA380のオペレーターが同機の扱いに手を焼く中、いち早い復帰を決めた同社ですが、保有機種の少なさも一因となっていることが考えられます。画像引用:Emirates

スポンサーリンク

エミレーツ航空、10路線を運航再開し就航都市は40まで回復 既存路線は7月に増便

エミレーツ航空CEO、一部報道にあったA380の早期退役を否定 2022年には全機復帰することを期待しているとコメント

エミレーツ航空CEO、『A380とB747は終わった』

スポンサーリンク