FSC 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト空港に独自のPCR検査場を新設 最安プランは66ドルで最速プランは3時間で結果を通知

ルフトハンザドイツ航空は、Centogene社と提携して、同社の主要ハブ空港のフランクフルト空港にPCR検査場を新設しました。

スポンサーリンク

 

この検査場では、渡航先での入国に陰性証明証を発行することができ、これまで高価であった検査が比較的安価で受けられることが可能となっています。なお出入国時に利用ができ、海外から帰国時の隔離措置も陰性証明を得ることで回避することが可能となります。

この検査場では、1時間あたり380件の検査処理能力を有しており、2つの以下のプランを提供しています。
◆プランA 検査結果取得時間:6~8時間 料金:€59≒66$
◆プランB 検査結果取得時間:3時間以内 料金:€139≒156$
国際的に有効な陰性証明証の発行:€9≒10$

なおミュンヘン空港においても医療センターMediCareと提携してPCR検査が可能となっています。

今後は、新型コロナウイルスの抑え込みに成功し感染リスクの少ない国との往来を認めるトラベルバブルを行う国が増えることが予定されていますが、このような検査場を新設する国・空港・エアラインが増えていくことも予想されます。画像引用:Lufthansa

スポンサーリンク

エミレーツ航空、新型コロナウイルス対策で搭乗前の血液検査を実施

オーストリア・ウィーン国際空港、空港で新型コロナのPCR検査を受けられる有料サービスを開始 利用客は隔離の回避が可能へ

ルクセンブルク、国際線到着客を対象に無料の新型コロナウイルス検査を試験実施

スポンサーリンク