機材 航空ニュース

ボーイング、B747の生産を終了へ Bloomberg報道

大手航空機メーカーのボーイングは、長らく空の女王として活躍してきたB747型機の生産を終了する模様であるとBloombergが報じました。

スポンサーリンク

 

同紙によれば、約2年後に最後のB747-8型機の生産がシアトルの工場で終了する見込みとしており、今後月産0.5機の生産ペースとなる予定としています。

ボーイングに限らずエアバスも2階建て大型機となるA380の生産中止を既に発表しており、現在の市場は、大量輸送時代は終了し、燃費効率の優れた小型機の多頻度運航にシフトしたことが、受注を伸ばしている機材からもみてとれます。

新型コロナウイルスの影響により大型機保有のリスクが浮き彫りとなり、エミレーツ航空のTim Clark CEOは、A380とB747は終わったと発言しており、今後4発機を見る機会が徐々に減っていくことが予想されます。画像引用:Boeing

スポンサーリンク

エミレーツ航空CEO、『A380とB747は終わった』

米運輸省、B747-8型機を30機購入する意向を示していたアバター航空の事業申請を却下

カンタス航空グループ、6,000人の人員削減を発表 今後1年は100機の運航を停止し新機材の受領は延期 B747は正式に退役

スポンサーリンク