FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港 関西国際空港

ルフトハンザドイツ航空、東京/羽田・大阪/関西~ミュンヘン線を8月1日に再開し9月にはフランクフルト線を含め増便も

ルフトハンザグループは、10月末までの運航計画を発表し、現在運休している東京/羽田・大阪/関西~ミュンヘンの計2路線の運航を再開させる計画であることがわかりました。

スポンサーリンク

 

現在同社の日本路線は、東京/羽田~フランクフルト線のみとなっていますが、8月1日から運休している羽田・関西~ミュンヘンの計2路線をそれぞれ週3便で再開させる計画です。その後は、既存の東京/羽田~フランクフルト線を含め以下の日程で増便が予定されており、既に予約の受付も開始しています。

◇2020年8月1日 羽田~ミュンヘン(週3便)機材:A350-900
◇2020年9月1日 羽田~ミュンヘン(週3便→週5便)機材:A350-900
◆2020年8月2日 羽田~フランクフルト(週3便→週5便) 機材:A340-300
◆2020年9月1日 羽田~フランクフルト(週5便→週7便) 機材:A340-300
◎2020年8月1日 関西~ミュンヘン(週3便)機材:A350-900
◎2020年9月1日 関西~ミュンヘン(週3便→週5便)機材:A350-900
※2020/7/5時点

日本路線を含めた10月末までのルフトハンザグループの計画は、当初計画されていた短・中距離線の就航地90%以上、長距離線の就航地70%以上が運航されることになります。同社はこの運航規模の拡大により、グループのハブを経由してあらゆる都市への旅行の計画が可能になるとしています。画像引用:Lufthansa

スポンサーリンク

ルフトハンザドイツ航空のA380、少なくとも2年は復帰せず最悪の場合復帰しない可能性も

ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト空港に独自のPCR検査場を新設 最安プランは66ドルで最速プランは3時間で結果を通知

関西国際空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

スポンサーリンク