機材 航空ニュース 貨物

ハイフライ航空が、世界初となるA380の貨物機仕様への改修を終えたことを発表【画像あり】

当サイトが5月6日に掲載した記事で、A380に改修を施した貨物機仕様が近く誕生することをお知らせしましたが、これはポルトガルのチャーター専門会社のハイフライ航空であることがわかりました。

スポンサーリンク

 

元シンガポール航空のA380を保有するハイフライ航空は、正式にA380を一時的な貨物機仕様に変更したことを発表し、貨物は、貨物室・メインデッキ・アッパーデッキの3フロアにて搭載することが発表されています。

 
画像引用:Hi fly

この改修では、アッパーデッキのファーストクラス・ビジネスクラスの座席は、設置されたままとなっており、アッパーデッキ後部のエコノミークラスとメインデッキの全座席が取り除かれる改修が行われています。今回の改修により搭載可能貨物量は60トン増加しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

A380に改修を施した貨物機仕様が近く誕生へ

元シンガポール航空機となるA380の解体初号機の解体が完了 作業に11ヵ月

エティハド航空、A380を早期退役させA350-1000型機のキャンセルを検討か

マレーシア航空、貨物専用便でA380を投入し26トンの貨物をロンドンまで輸送

スポンサーリンク