成田空港 統計

成田空港、2020年6月の空港運用状況を発表 6項目で過去最低を記録し貨物便は過去最高を記録

成田空港(NAA)は、2020年6月の空港運用状況を発表し、集計6項目で6月として過去最低を記録した一方、国際線貨物便発着回数は、6月として過去最高を記録したことを発表しました。

スポンサーリンク

 

【6月の航空機発着回数】前年同月比68%減の6,940回
国際線:前年同月比85%減の2,304回※6月として過去最低
国内線:前年同月比84%減の736回※6月として過去最低
国際貨物便:前年同月比52%増の3,214回※6月として過去最高

【航空旅客数】前年同月比96%減の142,259人※6月として過去最低
国際線旅客数:前年同月比97%減の76,888人※6月として過去最低◆外国人旅客数(前年同月比98%減の23,451人)※6月として過去最低◆日本人旅客数(前年同月比98%減の19,183人)※6月として過去最低
国内線旅客数:前年同月比89%減の65,371人

今月からは、ピーチアビエーションとジェットスタージャパンが、多くの路線で復便させていることから運航便数は回復するものの比例して搭乗客を獲得できるかが課題となります。大手は、計画を見直し再度減便を発表していますが、LCC勢はどこまで健闘できるのか注目が集まります。
また成田空港での入国時のPCR検査体制を強化することが伝えられており、9月には1日の検査数を現在の2倍となる約5,000件にする方針とみられていますが、これまでの成田空港の利用客や運航便数を考えると、多くの便において再開が見通せる段階ではありません。

スポンサーリンク

成田空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

ピーチ、東京/成田~釧路・宮崎線を2020年8月1日に開設

国交省、成田空港の基本計画を53年ぶりに改定 B滑走路を延長しC滑走路(第3滑走路)を2030年までの完成を目途に建設へ

スポンサーリンク