FSC 航空ニュース

ベトナム航空、日本路線の運休延長を発表 夏ダイヤとなる10月まで全路線運休

ベトナム航空は、8月31日までの運休を決めていた日本全路線の運休期間を、2020年10月24日まで延長したことを発表しました。

スポンサーリンク

 

今回の決定により引き続き日本を発着するハノイ・ホーチミン・ダナン線が夏ダイヤ期間において運休することになります。なお、各政府機関の要請に基づき日越両国政府承認による特別な渡航資格を有する旅客運送を目的とした運航を事前告知なく行う場合があるとしています。

なおベトナム運輸省は、8月にも日本線を再開させることを検討していることが現地報道されていましたが、今回のタイミングでの定期便としての再開は見送った模様です。なお先月には、ベトナム航空が7月からの日本線の再開を検討していることを発表しましたが、その後条件が整わないとして延期を発表していました。

スポンサーリンク

ベトナム運輸省、8月にも日本線を再開させることを検討

ベトナム航空の乗客が、降機時にタラップから転落し死亡

ベトナム航空、国内線の運航規模が昨年の水準までに回復

スポンサーリンク