FSC 中部国際空港(セントレア) 成田空港 新規就航・増便・減便 羽田空港 那覇空港

スカイマーク、宮古/下地島~羽田・神戸・那覇線を2020年10月25日に開設 成田~サイパン線は運休

スカイマークは、2020年10月25日より、東京/羽田~下地島・神戸~下地島・那覇~下地島の3路線を開設することを正式発表しました。

 

羽田線に関しては、国土交通省による「羽田発着枠政策コンテスト」に関係団体と共同で提案応募し、2020年冬ダイヤから羽田空港の発着枠を利用したトライアル運航期間*として暫定運航を行うことが認められたものとなります。
※2021年夏ダイヤ~冬ダイヤ(2021年3月末~2022年3月末)の1年間をトライアル運航期間(評価対象期間)とします。なお、トライアル運航期間前後の2020年冬ダイヤ及び2022年夏ダイヤの両期間についても、準備等のための暫定運航を認められています。

同社は、2015年3月まで沖縄/那覇~宮古線を運航しており、就航地は下地島になるものの、約5年振りの宮古島への乗り入れとなります。

そのほか冬ダイヤ期間において東京/成田~サイパン線を運休することを発表しており、一時国際線から撤退となり事実上機材の送り込みの目的として開設されていた成田~中部線も運休となります。

【運航スケジュール】
BC613 羽田11:05→14:35下地島
BC618 下地島18:45→21:25羽田

BC163 神戸10:40→13:20下地島
BC164 下地島14:10→16:15神戸

BC541 那覇11:10→12:05下地島
BC547 那覇17:00→17:55下地島
BC542 下地島12:40→13:30那覇
BC546 下地島15:15→16:05那覇
Photo : Skymark

国交省、政策コンテスト枠5便分の配分方針を決定 鳥取・石見・山形・大館能代は配分決定 三沢と下地島は試験配分

スカイマーク、2020年7月の搭乗実績を発表 搭乗率は47.7%で前月より悪化

2019年度の年間定時運航率はスカイマークが首位、最下位はピーチ