FSC 航空ニュース

タイ国際航空、事業再建の一環として傘下のタイスマイル航空の廃止を検討

周知の通りタイ政府は、タイ国際航空を破産法に基づき会社更生手続きを開始することを閣議決定し、裁判所の管理下で今後再建を目指すことが発表されていますが、今後事業再建計画の一環として傘下のタイスマイル航空の廃止を検討していることがわかりました。

 

現在のところ巨額の損失により傘下のタイスマイル航空のブランドの運営が厳しくなっていることから、同ブランドを廃止し、タイ国際航空に統合するものとみられております。

タイスマイル航空は、タイ国際航空の格安ブランドエアラインとして設立され、今年の2月25日にスターアライアンスのコネクティングパートナーになったばかりです。

現在タイ国際航空は、会社更生手続きを裁判所に申し立て、先日17日の審問に続き本日8月20日にも2回目の審問が中央破産裁判所で行われます。今後裁判所が受理した後、再建計画が策定されることになります。参考記事:prachachat Photo : Thai smile Airways

タイ国際航空の再建計画は最大で7年を要する見通し

タイスマイル航空、以遠権を行使し仙台~香港・台北線の開設を検討

タイ国際航空、2024年までにB747-400型機を全機退役へ