未分類

ルフトハンザテクニック、ドイツ空軍にACJ350-900XWBを初納入 政府専用機として運用へ

ルフトハンザテクニックは、ドイツ空軍にACJ350-900XWBを初納入したことを発表しました。

A350-900型機のプライベート機となるACJ350-900XWBを政府専用機として運用するのはドイツ政府が初めてとなり、同国は計3機の運用する予定としています。


Photo : Lufthansa Technik

これまで同政府は長距離線用の専用機として2011年にルフトハンザドイツ航空から買い取ったA340型機を使用していましたが、飛行中に不具合が何度も発生し、2018年にはメルケル首相がG20会議に向かう途中に緊急着陸をして遅刻するなどしたことから、早急に新造機の導入を進め、約12億ユーロを投じA350を3機購入しました。

このような理由から今回導入された初号機は、運用を急ぐために暫定的な内装仕様となっており、2号機・3号機は完全な政府専用機仕様としてルフトハンザテクニックが改装を手掛ます。なお2号機、3号機が導入されると今回の1号機が完全な内装に改修されることから初号機の登録番号は『10 + 03』、2号機は『10+01』、3号機は『10+02』となっています。

また先日ドイツ政府は、ACJ350-900XWBを補完する目的でA321LRエアバスコーポレートジェットの導入することを発表しており、2021年からの導入を予定しています。

ルフトハンザテクニック、ドイツ空軍向けの機材として2機のA321LRを確定発注

ドイツ政府が導入するACJ350-900XWBがの初号機がデリバリーされハンブルク空港に到着

韓国国防部、次期大統領専用機として大韓航空からB747-8iをリース導入へ