FSC 航空ニュース

トランプ政権、国内エアラインに対する雇用支援を継続へ 大規模な人員削減が回避される見込み

アメリカのトランプ政権は、今年9月末としている国内航空会社に対する金融・雇用支援を延長する方向で調整していることが明らかになりました。

 

これまで政府の支援条件が9月まで強制解雇を行わないことでしたが、10月以降効力を失うことから、各社支援が継続されなければ、大規模な人員削減を断行せざるを得ないとしていました。

大統領首席補佐官のMark Meadows氏は、支援継続に向け、デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空と協議を行ったことを明らかにしており、議会が機能しない場合は、大統領権限を発動する可能性についても示唆しており、支援に積極姿勢とみられています、

今年3月に総額250億ドル規模の支援を発表した政府は、9月末までに新型コロナウイルスが収束すると想定していたとみられ、ウイルス問題の長期化により軌道修正を迫られてます。Photo : JFK

アメリカン航空、10月に19,000人の人員削減へ 政府支援の継続で回避も

ユナイテッド航空、米政府の支援条件の効力消滅で従業員36,000人の解雇を検討

デルタ航空、冬ダイヤ以降の運航計画を発表 羽田~ホノルル線は12月に運航再開 関西発着は当面全便運休へ