FSC 航空ニュース

FDA、札幌市との連携協定締結を発表 丘珠空港の利用促進など

フジドリームエアラインズと札幌市は、市の観光、産業、暮らし及び丘珠空港のより一層の発展と飛躍を目指すことを目的として、連携協定を締結したことを発表しました。

 

連携協定の内容は以下の通りです。
観光振興の促進:機内誌等での市の観光、 文化、イベント情報等のPR・市の各種イベント への後援・市への誘客に向けた取組の実施
産業振興の促進:機内誌等での市の食、お土産品、 産業品等のPR・機内サービス や機内販売品等に市の食、お土産品産業品
市民の安全・安心の暮らしへの取組:災害発生時に支援物質や人員を輸送すること
丘珠空港の利用促進:丘珠空港にて実施するイベントへの協賛や協力・丘珠空港の利用者数が増える取組の実施

フジドリームエアラインズは『2016年6月に『 静岡~丘珠 』線 、2018年8月に 『松本~丘珠』線を開設 して以来 、夏期の季節運航により 、のべ10万人を超 るお客さまにご利用いただいております。 今後、札幌市と一層緊密な連携を図り、観光や産業での振興をお手伝いしたいと考えております』とコメントしています。Photo : FDA

FDA、感染再拡大により8月25日~9月6日の期間の運航において計152便の減便を実施

北海道内7空港特定運営事業の優先交渉権者となった北海道エアポートグループの将来計画 新千歳空港に第3ターミナルの計画も

FDA、9月1日~17日の運航計画を発表 新に神戸~高知、札幌/新千歳~山形線の運休が決定