FSC 航空ニュース

カンタス航空、15分で結果が判明するウイルステストにより国際線再開も 日本線の再開も視野

カンタス航空のAlan Joyce CEOは、国際線の再開へ向け、15分で結果が判明するウイルステストを搭乗前に実施する事により、ワクチンの供給以前に国際線を再開できる可能性があることを示唆しました。

 

同CEOは、新型コロナウイルスに有効なワクチンが多くの人に行き渡るまで国際線の運航再開は難しいとし、2021年7月頃まで国際線の運航を停止する意向を示していましたが、上記ウイルステストの進展状況が良好であるとし、このウイルステストの導入によりワクチンの供給以前に国際線の運航が可能となり、旅客は隔離措置を回避できるとの見方を示しています。

またこれが制度化されトラベルバブルが実現すると、感染低リスクとなるニュージーランドや日本をはじめとするアジア諸国への運航が可能となるかもしれないとコメントしたほか、また国際線の運航再開時は、B787を投入する計画であるとしています。

今後出入国時のウイルス検査で陰性となり入国後の隔離期間を回避できるようになれば、国際線の利用客も増加することが期待されるため、上記ウイルス検査の実用化を前提として、今後どのようなに制度化していくのか注目されます。
参考記事:news.com.au Photo: Qantas

カンタス航空、2021年7月まで国際線の運航を停止する見込み

カンタス航空、B787もモハーベ砂漠で保管へ カンタスが豪州アリススプリングスではなく米国を選ぶ訳

カンタス航空グループ、6,000人の人員削減を発表 今後1年は100機の運航を停止し新機材の受領は延期 B747は正式に退役