FSC 機材 航空ニュース

整備士が発案しペイントを施した『JALアマビエJET』が就航

JALは、2020年9月3日より『JALアマビエJET』が運航を開始したことを発表しました。

 

この『JALアマビエJET』は、コロナ禍において、整備士が世の中を元気づけるための企画として発案したもので、デザインは、疫病をおさめると言われている妖怪「アマビエ」を採用しており、「日本中の皆さまに明るく元気になっていただきたい」という想いが込められています。
Photo : JAL

ペイントが施された機体は、B767(JA613J)となり、機体のお腹部分に塗装されていることから飛行時にしか見ることができないため、デザインを確認するのは通常よりも難しくなります。

同社は『この飛行機が訪れる地域の方や、飛行機を見つけていただいた方をはじめ、多くの皆さまにとって、一日も早く平穏な日が訪れることを願っています。私たちJALグループ社員の想いが込められたJALアマビエJETにより、皆さまのもとにたくさんの笑顔をお届けできれば嬉しいです』とコメントしています。

ビスタラ、JALとのマイレージ提携を発表 マイルの相互獲得が可能に

JAL、成田発着周遊チャーター便「空たび 星空フライト」の運航を発表 15,000円~

JALの9月の国際線の増便路線の一覧[前月比]