FSC 機材 航空ニュース

スターラックス航空、導入予定のA350型機にファーストクラスを搭載へ

台湾の新興エアラインであるスターラックス航空は、導入予定のA350型機にファーストクラスを搭載することを明らかにしました。

 

同社は、2021年第4四半期から合計17機のA350シリーズ(A350-900×9機、A350-1000×8機)を受領する予定としており、年内も座席仕様を最終決定する予定としています。また台湾のエミレーツ航空を目指すことを明らかにしているように、高品質エアラインであることからファーストクラスも搭載する予定であるとしています。

多くのエアラインでファーストクラスが減少しビジネスクラスの高品質化が進む中、果たしてどれほどのファーストクラスを提供するのか注目が集まります。

現在の同機の路線計画は、導入初期に北東アジアと東南アジア線へ投入し、その後2022年第2四半期にアメリカ西海岸路線へ投入する予定としています。また台湾のエアラインでA350-900型機を運用するのはチャイナエアラインに続き2社目となり、A350-1000型機は同社が初めてのオペレーターとなります。参考記事 : Focus Taiwan Photo : Starlux Airlines

スターラックス航空、新型コロナの感染緩和を条件に年内の日本への就航を方針を変えず

スターラックス航空、アジア首都路線用にA330neoの導入を検討

スターラックス航空、A321neoに搭載するエコノミークラスとビジネスクラスの座席を公開

スターラックス航空、A350-1000の発注の一部を小型化へ