FSC 成田空港 新規就航・増便・減便 羽田空港

ANA、10月の国際線の運航計画を発表 ヒューストン・ホノルル線の再開、シドニー・パリ・NY・メキシコ線の増便を計画

ANAは、2020年10月の運航計画を発表し、羽田~ヒューストン線と成田~ホノルル線の運航を再開し羽田~シドニー・パリ線と成田~ニューヨーク・メキシコ線を増便することを発表しました。

 

10月1日~31日までの運航概要は、事業計画の75路線5,535便に対し27路線741便となり、運航割合は13%となります。また減便数は73路線4,811便となり減便割合は87%となります。

再開となり2路線の羽田~ヒューストン線は、週3便(木金日)の運航となり、成田~ホノルル線は成田発NH184便を10月5日と19日、ホノルル発NH18便を10月6日と20日に運航し計2往復のみを運航する計画です。その他詳細は以下の通りです。

Photo : ANA

今回の発表に伴い、同社は『今後も、出入国規制や検疫体制などの状況、母国への帰省や海外への赴任などの需要動向を見極めながら、増便や復便も柔軟に検討してまいります。』とコメントを発表しています。

ANA、「ANA FLYING HONU」チャーターフライトの第2弾を実施

ANAホールディングス片野坂社長、『B737MAXは正式に契約していない』 今後の需要予測を語る

成田空港の新規就航・増便まとめ※随時更新