FSC 機材 航空ニュース

ソラシドエア、復興支援機「みんなで頑張るばい!くまモン号」の運航開始を発表

ソラシドエアは、熊本県南を中心として発生した令和2年7月豪雨被害の復興支援を目的に、2020年9月15日(火)から復興支援機「みんなで頑張るばい!くまモン号」の運航を開始したことを発表しました。

 

当機体後方には、元気な笑顔でウインクする熊本県の営業部長兼しあわせ部長「くまモン」を大きく描かれており、熊本県へのエールを届けます。運航初便は、熊本空港発ソラシドエア14便からスタートし、ソラシドエアが就航する13路線80便/日を対象に全路線で運航する予定となっています。

Photo : solaseed Air

≪実施概要≫
◆機体名:復興支援機「みんなで頑張るばい!くまモン号」
◆運航開始日:2020年9月15日(火)
◆機材:ボーイング737-800型機JA805X

カーゴルックス、特別塗装となるマスク姿のB747-8F型機を公開

熊本空港、民営化で地方空港として最大の国際線ネットワークを構築

羽田エアポートガーデン、開業の再延期を発表