機材 航空ニュース

最後のA380型機の組み立てが完了 初飛行から15年で251機を生産し終了

生産中止が発表されているエアバスのA380型機の最終機の組み立てが完了したことが明らかになりました。

 

最終機(MSN272)は今後エンジンの取り付けや地上テスト・飛行テストを実施する予定ですが、機体製造段階の最終工程となる組み立てが完了したことで、同機の製造に区切りがついたことになります。最終機はエミレーツ航空向けの機体となりますが、新型コロナウイルスの影響によりデリバリーは当初の予定よりも遅れることが想定されています。

A380は、2005年4月27日に初飛行を行い、最終的な生産数は251機となりました。同型機の2013年以降の新規受注は、エミレーツ航空の22機とANAの3機のみとなり、採算ラインを超える新規受注を得られることができず、A380neoの構想も取り止めとなり、2019年2月に生産中止が発表されました。

現在は、新型コロナウイルスの影響によりA380を定期路線で運用しているのはエミレーツ航空と中国南方航空のみとなっているほか、エールフランス航空は全機を退役させ、他エアラインも退役検討するなど、超大型機故に需要減退時のリスクの大きさが露わになっています。

オペレーター側では多数の問題を抱えたものの、利用者側からすると大きな希望を与えてくれた機体だけに、生産中止が決まっているものの、未だに寂しさが残ります。

エアバス、世界最大の旅客機A380の生産中止を正式発表 2021年の引き渡しをもってA380のプログラムは終了へ

エミレーツ航空CEO、今後10年にわたりA380を運用する意向 ❝A380の機内体験に勝る機種は無い❞

ハイフライ航空が、世界初となるA380の貨物機仕様への改修を終えたことを発表【画像あり】

エールフランス航空のA380がラストフライトを実施 約11年間で4万フライトを実施し1,800万人を輸送