FSC 新規就航・増便・減便 関西国際空港

ルフトハンザドイツ航空、大阪/関西~ミュンヘン線を2020年12月1日より再開へ

ルフトハンザドイツ航空は、大阪/関西~ミュンヘン線を2020年12月1日より再開する計画であることが明らかになりました。


運航は最大週3便を予定しており、機材はA350-900型機が投入される予定となっています。現在同社は、羽田~フランクフルト線のみを運航しており、関西線の再開で日本路線は2路線に回復することになります。なお現時点での予定となり、今後渡航制限などにより予告なく変更になる場合があります。

なおルフトハンザグループのスイスインターナショナルエアラインズは、冬ダイヤにおいて成田~チューリッヒ線の継続運航を決めたほか、オーストリア航空は成田~ウィーン線の運航再開を見送っています。

【運航スケジュール】
LH743 関西09:50→14:05ミュンヘン 水金日
LH742 ミュンヘン12:25→07:20+1関西 火木土
機材:A350-900 Photo : Lufthansa

関西国際空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

ルフトハンザグループの機材選定の元責任者がA380について語る 羽田の再国際化もA380の活躍の場が失われた理由の一つ

ブランデンブルク空港の開港に伴いシェーネフェルト空港はターミナル5に 開港日はルフトハンザとイージージェットが平行着陸するパフォーマンス