FSC 航空ニュース

イタリア政府、アリタリア航空を継ぐ国営新会社設立の法令に署名 新会社はITA(Italy Air Transport)

イタリア政府は、アリタリア航空の後継となる国営フラッグキャリアの設立の航空法令に署名しました。

 

Paola De Micheli 運輸大臣は、新会社の正式名称はITA(Italy Air Transport/Italia Trasporti Aereo spa)であることを明らかにしています。恐らくはこの名称を新たなブランドとして運用することが予想されていますが、正式にブランドとして運用するかについては、明言していないことから詳報が待たれます。

現在のところ新会社としての運航は、2021年前半に開始される見込みであることが現地で報道されており、新会社はこれまで通りフルサービスキャリアとして運用されます。また新会社の設立に伴い、Roberto Gualtieri 経済大臣は、問題を抱えたアリタリア航空からの脱却を強調し、『新会社は、ヨーロッパと国際市場で主導的な役割を果たす必要があり、イタリア観光産業の再生を支援するものになる 』とコメントしています。

今後はどのような経営再建策で、コロナ禍において新会社を軌道にのせるのか注目されます。参考記事:ANSA Photo: Alitalia

アリタリア航空、ブランド名の変更も視野 1ヵ月以内に再建計画を策定へ

アリタリア航空、東京/羽田~ローマ線の就航を2021年3月1日に再延期 成田~ミラノ線の再開は未定

アリタリア航空、B787の導入を検討 将来的に保有機材をB787とA320の2機種に簡素化も