FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港 関西国際空港

ルフトハンザドイツ航空、東京/羽田~ミュンヘン線を2021年3月1日から再開へ フランクフルト線は増便

ルフトハンザドイツ航空は、2021年3月1日より東京/羽田~ミュンヘン線を再開させる計画であることがわかりました。

 

現在同社は、東京/羽田~フランクフルト線(週3便)のみを運航している状態ですが、現時点の日本路線の運航計画は以下の通りです。

◆大阪/関西~ミュンヘン 2020年12月01日~ 週3便 A350-900
◆東京/羽田~フランクフルト 2020年12月5日~ 週3便→週5便(FRA:月土 HND:火日運航分を追加)
◆東京/羽田~ミュンヘン 2021年03月01日~ 週5便 A350-900
既存の羽田~フランクフルト線の機材は、12月2日より既存のA340-300からA350-900に切り替わる予定となっています。※新型コロナウイルスの影響により予告なく変更になる可能性あり

なお同じくルフトハンザグループのスイスインターナショナルエアラインズは、冬ダイヤにおいて成田~チューリッヒ線の継続運航を決めたほか、オーストリア航空は成田~ウィーン線の運航再開を見送っています。Photo : Lufthansa

ルフトハンザカーゴ、大阪/関西~フランクフル線を期間限定で増便し機材はB777Fへ大型化

ルフトハンザドイツ航空、現時点でのA380・B747-400型機の退役を回避 A340-600型機の一部の退役を決定

先日初飛行に成功したB777Xの飛行試験3号機は、試験終了後にルフトハンザドイツ航空へ納入