国内LCC情報 航空ニュース

マレーシア政府、一部報道にあった政府保証によるエアアジアへの250億円の融資を否定

マレーシア政府は、一部報道にあった政府補償によるエアアジアへの250億円の融資が実行されるという内容を否定しました。

 

マレーシア財務省は、エアアジアが政府保証による10億リンギット(約250億円)の融資を受けるという内容を否定し、『財務省は、いかなる航空会社に対しても政府の融資や保証を承認していないことを明らかにする』と声明を出しています。

現在マレーシアを代表するマレーシア航空とエアアジアは、両社共に経営難に陥っており、その中で政府が政府系のマレーシア航空よりも先にエアアジアに対して政府保証の支援を行ったことは驚きをもって報道されていました。
これまでにエアアジアグループCEOのトニーフェルナンデス氏は、10月末までに融資を受ける予定であることを明らかにしていることから、財務省は否定しているものの水面下で交渉が進んでいる可能性もあります。

フラッグキャリアのマレーシア航空とこれまでマレーシアの観光業の躍進に貢献してきたエアアジアは、今後の観光産業の回復には無くてはならない存在であることから、今後政府がどのような支援を行うのか注目となります。参考記事:TheEdgeMarkets Photo : Airbus

エアアジア、全従業員の10%にあたる2,400人規模の人員削減を実施へ

マレーシア航空、リース会社との交渉難航で会社清算の可能性を示唆

エアアジアX、発注機材の違約金なしのキャンセルをエアバスと交渉か