旅行情報

ハワイ州、日本発行の陰性証明書の提示で隔離措置の免除対象に 今後通常のハワイ滞在が可能へ

ハワイ州は、2020年10月15日からはじまる陰性証明書による14日間の隔離措置を免除するプログラムにおいて、厚生労働省が認可するCOVID-19核酸増幅検査(NAAT)も含めることを発表しました。

 

これにより日本からハワイへ渡航する人が、出発前の72時間以内のNAAT検査の陰性証明書を提出することにより、通常必要なハワイ到着後の14日間の隔離措置が免除されることになります。

今後日本での検査の指定機関が決まるとこちらに掲載される予定となります。こちら

なお引き続き日本帰国時には14日間の隔離措置が必要であることから、通常のハワイ旅行向いておらず、長期滞在者や帰国者の利用が想定されます。但しこのプログラムが成功することにより、日本側も続く可能性があり、一般の海外旅行の再開への光が見えることになり、今後の動向が注目となります。

ユナイテッド航空、ハワイの観光客受け入れ再開でウイルステストを実施 今後の海外旅行のスタンダードになる可能性も

ハワイアン航空、11月も成田線の運航を継続 他路線は11月末まで運休期間を延長

デルタ航空、冬ダイヤ以降の運航計画を発表 羽田~ホノルル線は12月に運航再開 関西発着は当面全便運休へ