羽田空港 航空ニュース

東邦大学羽田空港第3ターミナルクリニックでPCR検査の陰性証明書を発行が可能に

東邦大学羽田空港第3ターミナルクリニックは、新型コロナウイルス PCR検査陰性証明書の提出が求められる海外渡航者に対し、唾液によるPCR検査の実施および証明書の発行を行なっています。

 

検査料・証明書発行料込みで料金は税込44,000円(保険適用不可)となります。陰性証明書は、検査の翌日18時以降に受け取りが可能となり、出発便に合わせて利用する事も可能となります。稀(約2%)に判定保留のため再検査となり判定に遅れがでる可能性がありますが、その場合は検査の翌々日14時以降となり病院より連絡があります。

検査実施日時は、全日(土日祝日を含む) となり午前9:00-11:30、午後13:00-17:30となり、陰性証明書の受け取りは午前9:00-11:30、午後13:00-22:00となります。なお同クリニックは、海外渡航者新型コロナウイルス 検査センター(TeCOT)協力医療施設に登録されています。Photo : 東邦大学

中部国際空港で海外渡航者向け新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書の発行を開始

KLMオランダ航空、マスク拒否の乗客は陰性証明書と医師の診断者が必要に 虚偽申告を防止

エティハド航空、航空券購入で新型コロナウイルスのPCR検査を無料付帯 上級クラス乗客は自宅検査も可