FSC 国内LCC情報 航空ニュース

ANA、エアージャパンを活用した第3ブランドとなる新LCCを設立することを発表 B787で東南アジアなど中距離路線に進出

ANAは、エアラインビジネスの変革としてエアージャパンを活用したANA・ピーチに続く第3ブランドとなる新LCCを設立することを発表しました。

 

新エアラインにおいては、中距離東南アジア・豪州路線を中心に拡大が見込まれるレジャー需要獲得を担う新たなLCCとなり、国際線の需要の回復をにらみながら2022年度を目途に運航を開始します。

エアージャパンを母体とすることで、速やかな事業立ち上げが可能であり、急激な需要動向の変化への柔軟な対応力を保持し、300席級のANAで使用されているボーイング787型機を活用することで、低ユニットコストを実現するとしています。なおピーチも当初の計画通りA321LRを使用し、中距離国際線に進出するとしています。

ANAの12月~1月の国際線の増便・減便路線の一覧[前月比]

ANA、国際線の路線・便数計画の一部変更を発表 12月から羽田発着でサンフランシスコ線を開設しニューヨーク線を再開

ANA、ピーチとのコードシェア便の運航を検討 ANAマイルもピーチで使用可能へ