FSC 航空ニュース

キャセイパシフィック航空、計7路線の長距離線から撤退へ

キャセイパシフィック航空は、計7路線の長距離線から撤退する方針であることが明らかになりました。

 

これは現地SCMPが内部文書の情報をもとに報じたもので、撤退する路線はニューヨーク/ニューアーク・ロンドン/ガトウィック・ワシントン・シアトル・ダブリン・ブリュッセル・マレの7路線となります。なお同社はニューヨーク/JFK・ロンドン/ヒースロー線も運航していることから、両都市への運航は継続となります。

これらの路線は新型コロナウイルス以前から赤字路線であったと考えられており、比較的開設して間もない路線が大半を占めています。

同社は2021年全体では50%未満で運航すると予想していおり、ワクチンが多くの人々に行き渡ったことを前提に、来年上半期にはパンデミック前の便数の4分の1を大幅に下回る運用が見込まれ、下半期には回復が見込まれると公表しており、今後傘下エアラインを含め更に路線整理を進めるものとみられています。Photo : Airbus

キャセイパシフィック航空、2020年10月の搭乗実績を発表 乗客数は前年比98.6%減 今後はトラベルバブルに期待

キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空発注のA321neoを引き継ぎ年内に初号機を受領 B777Xは2025年以降に受領延期

キャセイドラゴン航空のブランド廃止が決定 運航路線はキャセイパシフィック航空と香港エクスプレスが引き継ぎ