FSC 航空ニュース

エバー航空が、お見合いチャーター便の運航を発表 クリスマス・大晦日・元日の計3便を運航

エバー航空は、チャーター便の新企画として『Fly Love is in the air』と題して独身男女を対象に出会いの場を提供するチャーターフライトを実施することを発表しました。

 

運航は、クリスマス・大晦日・元日の計3便の運航を予定しており、申し込みが可能なのは独身で大卒以上の台湾籍を保有する人物で、男性は28-38歳、女性は24-35歳となります。飛行は約3時間を予定しており、席はくじ引きで決定され、フライトの最後には告白タイムが設けられます。なおクリスマスと大晦日の便はハローキティジェットでの運航が予定されています。

料金は日本円で約3万円(8388TWD)となり、既にクリスマス便は完売となっています。新型コロナウイルスの影響により、余剰機材を使い各社チャーターフライトを実施しており日本でも人気を博していますが、今後同様の企画を行うエアラインが日本で現れるのか注目です。Photo : EVA AIR

エバー航空、B787-10型機の未受領分の7機をB777F型機とB787-9型機に発注を変更

ANA、A380で12月に「アーリークリスマスフライト」と首都圏外からの利用できるチャーターフライトの計2本を実施

JAL「シンガポール旅行気分を満喫」成田発着周遊チャーターを実施する事を発表 オプションで制限エリアのバスツアーも