FSC 航空ニュース

ベトナム航空、アンコール航空の株式49%を売却 売却先は中国系企業が有力

ベトナム航空は、保有する49%のカンボジアのアンコール航空の株式を売却したことが明らかになりました。

スポンサーリンク

売却額は合計3,700万ドルとされており、5機のA321型機が含まれています。現在のところ売却先の詳細は明らかにされていませんが、中国系企業であることが有力とみられています。なお残る51%の株式はカンボジア政府が所有しています。

売却理由は、自国の航空会社との競争が激しくなったことが挙げられており、新型コロナウイルスによる影響もあったことが推測されます。この他にも、カンタス航空が保有するジェットスターパシフィックの持株分をベトナム航空に売却する動きもあり、今後同様の業界再編が進むことが予想されます。
参考記事:TheStar 画像引用:Angkor air

スポンサーリンク

カンタス航空、ジェットスターパシフィックの持株分をベトナム航空へ売却を検討か

ベトナム航空、日本発着路線の全便運休を発表

経営危機のヴァージンオーストラリア航空、複数のグループが買収を検討し候補の一つは中国キャリア

スポンサーリンク