FSC 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、欧州委員会の提示条件の受け入れを表明 FRA・MUCの最大24の発着枠を他社へ譲渡

ルフトハンザドイツ航空は、90億ユーロの救済の最終承認に向けて、ドイツ政府と欧州連合との妥協案に合意したことを発表しました。

スポンサーリンク

 

今回の救済を巡っては、ドイツ政府が90億ユーロを融資することによって公平な競争環境が維持できない恐れがあることから、欧州委員会がルフトハンザに対しフランクフルトとミュンヘンの一部発着枠を返上するよう要求していました。これをルフトハンザ側の監査役会は、条件が厳しすぎるとして承認を保留としていました。

しかしながら今回受け入れ表明したことにより、フランクフルト空港とミュンヘン空港に所属している最大4機の登録を外し、最大24のスロットを他社に譲渡することになります。このスロットは、政府などから支援を受けていない新規乗り入れ欧州エアラインのみが使用可能となり、1年半経過後使用されないスロットがある場合は、オークション形式にて既存の競合他社も使用が可能となります。

今後欧州委員会は、ドイツ政府による救済の最終承認を行い、ルフトハンザ側も臨時株主総会で承認を経た後に正式に救済計画が実現することになります。画像引用:Lufthansa

スポンサーリンク

ライアンエアーCEO、ルフトハンザは危機が迫ればいつでも反射的に政府のポケットに手を入れるとして批判

ドイツ政府とルフトハンザ航空が1兆円規模の融資で合意 政府は20%の株式取得 同社をコカイン中毒者呼ばわりしたライアンエアーの今後の反応注目

ルフトハンザドイツ航空、A380の保有機数を半減させミュンヘン線のみでの運航に切り替えへ

スポンサーリンク