FSC 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、9月までに運航路線を短距離線は9割・長距離線は7割を回復させる方針を発表

ルフトハンザドイツ航空は、2020年9月までに従来のスケジュール比で運航路線を大幅に拡大させる方針を示しました。

スポンサーリンク

 

計画では、短距離路線数が9割、長距離路線数は7割まで回復させる方針としており、多くと路線が再開となることが予定されています。今回の方針は、可能な限り運休している路線を再開させることとしており、ハブ機能の回復する狙いがあります。※運航便数の割合ではない

秋にはフランクフルトとミュンヘンのハブを経由して、北米線は週に100便以上、アジア線は約90便、中東線は20便、アフリカ線は25便以上が予定されており、フランクフルトから102路線、ミュンヘンから88路線の運航規模とする計画としています。なお既に一部再開路線の予約の受付を再開させています。

また6月1日からは、厳しい衛生規則の下、食事や飲み物の機内サービスを従来のサービスへ戻しており、6月8日からはマスクの着用が義務化されるものの、徐々に従来のスタイルへ戻りつつあります。画像引用:Lufthansa

スポンサーリンク

ルフトハンザドイツ航空、欧州委員会の提示条件の受け入れを表明 FRA・MUCの最大24の発着枠を他社へ譲渡

ライアンエアーCEO、ルフトハンザは危機が迫ればいつでも反射的に政府のポケットに手を入れるとして批判

ルフトハンザドイツ航空、A380の保有機数を半減させミュンヘン線のみでの運航に切り替えへ

スポンサーリンク