FSC 航空ニュース

ルフトハンザドイツ航空、出発前のウイルス検査を実施へ

ルフトハンザドイツ航空は、国際線の出発前に新型コロナウイルスの検査を空港で行う計画であることが明らかになりました。

スポンサーリンク

 

現在のところ同社が拠点とするフランクフルト空港とミュンヘン空港での実施が予定されており、パートナー企業と共にテストセンターを運営する予定です。検査結果は、4時間以内に取得できる予定となっており、これにより入国に陰性証明を必要とする国への渡航のハードルが下がることが期待されます。なおこの検査の費用などの詳細は明らかになっておりません。

同様の取り組みは、エミレーツ航空がドバイ国際空港で導入しましたが、検査精度の問題により5月に中止されています。また、空港でもウイルス検査を実施する空港が増えていますが、航空需要が拡大した際の受け入れ態勢や、料金などが問題とされています。参考記事:The brussels times 画像引用:Lufthansa

スポンサーリンク

エミレーツ航空、新型コロナウイルス対策で搭乗前の血液検査を実施

オーストリア・ウィーン国際空港、空港で新型コロナのPCR検査を受けられる有料サービスを開始 利用客は隔離の回避が可能へ

ルクセンブルク、国際線到着客を対象に無料の新型コロナウイルス検査を試験実施

スポンサーリンク