航空ニュース 貨物

国交省、香港貨運航空に大阪/関西~香港線の貨物便に経営許可

国土交通省は、香港貨運航空からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、令和2年6月15日付にて許可したことを発表しました。

スポンサーリンク

 

申請時点での就航開始予定日は、2020年7月1日からとなり週3便(月水金)の運航を予定しています(変更の可能性あり)。使用機材は、A330-200Fを予定しています。

香港貨運航空は、2007年12月に香港航空の貨物部門として設立され、現在はA330-200Fを5機運用し国際12路線に就航し週71便を運航しています。輸送貨物内容は、一般貨物輸送、動物輸送、特急貨物、危険物となり、香港では自社トラックによる輸送も手掛けています。当初はB747FやB777Fの導入も計画されましたが、親会社の香港航空の経営危機により計画は凍結されています。画像引用:香港貨運航空

スポンサーリンク

中国国際航空、香港航空と協議を開催 出資を検討か

関西国際空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

関西国際空港、第1ターミナルのリノベーションを発表 国内線・国際線エリアの配置を見直し大阪万博までに大幅改修

スポンサーリンク