海外LCC情報 航空ニュース

ノックスクート、市場の縮小により保有機数を3機削減し人員も削減へ

タイの長距離LCCのノックスクートは、新型コロナウイルスの影響による市場縮小により、保有機材を3機削減することがわかりました。

スポンサーリンク

 

同社は、現在7機のB777-200型機を保有していますが、今月末には3機をリースバックし4機体制とします。また、機材の削減に伴い人員も削減する見込みとなっており、事業規模が縮小します。

現在日本路線は、バンコク/ドンムアン~東京/成田・大阪/関西・札幌/新千歳の3路線が運休となっていますが、運航規模の縮小に伴い今後影響が出る可能性も考えられます。

一部報道では、株主のスクートとノックエアが合弁事業の解消を検討しているとの報道もあり、同社は国際線のみを運航するエアラインであり、事実上国境が閉ざされていることから、非常に厳しい状態に陥っており先行きは不透明な状況となっているのが現状となります。参考記事:pattayamail 画像引用:Nokscoot

スポンサーリンク

スクートの客室乗務員が収入維持を目的として一時的に製造業に従事

タイ国際航空の再建計画は最大で7年を要する見通し

タイエアアジア、他LCCとの合併を検討

スポンサーリンク