FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港

スカイマーク、東京/羽田~宮古/下地島線は10月25日に開設することで調整

スカイマークは、政策コンテストで1年間のトライアル運航が認められた東京/羽田~宮古/下地島線について、2020年10月25日に開設することで調整していると、同社の奥野哲也経営企画部副部長が明らかにした宮古新報が報じました。

スポンサーリンク

 

国交省は、羽田空港の政策コンテスト枠(5便分)のうち5位のJAL三沢線と6位のスカイマークの下地島の総得点が僅差であったため両者にて1年間のトライアル運航を実施することとし、その実績について有識者が再度評価を行い、当該1便の最終的な配分先を決定するとしています。
※  2021年夏ダイヤ~冬ダイヤ(2021年3月末~2022年3月末)の1年間をトライアル運航期間(評価対象期間)とします。なお、トライアル運航期間前後の2020年冬ダイヤ及び2022年夏ダイヤの両期間についても、準備等のための暫定運航を認められています。

同社は、2015年3月まで沖縄/那覇~宮古線を運航しており、就航地は下地島になるものの、約5年振りの宮古島への乗り入れとなる見込みです。画像引用:Skymark

スポンサーリンク

スカイマーク、東京/成田~サイパン線の一時運休を9月30日まで延長

スカイマーク、2020年5月の搭乗実績を発表 搭乗率は33.8% 搭乗者は前年比94..4%減

国交省、政策コンテスト枠5便分の配分方針を決定 鳥取・石見・山形・大館能代は配分決定 三沢と下地島は試験配分

スポンサーリンク