スペースジェット(旧MRJ) 機材 航空ニュース

三菱航空機、スペースジェットの開発費の大幅削減で人員を20分の1とし約150人規模へ アメリカでの試験飛行も4月までに停止

三菱航空機は、10月末に発表されたMRJの開発費の大幅削減により、人員を前年比で20分の1まで削減する方針であるとNHKが報じました。

同社は、新型コロナウイルスの影響と開発状況を踏まえ、M90開発活動は一旦立ち止まるとしながらも、型式証明文書作成プロセスは継続し、需要回復まで再開のための事業環境の整備に取り組むとし、開発費を大幅に縮小して事業は継続する方針を示していました。

今回開発費の削減に伴い人員も削減される形となり、削減数は前年比20分の1となり、最終的に150人規模となる見込みです。なお削減対象となった人員はグループ内での配置転換となるとされています。

またアメリカの開発拠点で実施している試験飛行などの活動も2021年4月までに取り止め、4機ある機体の保守や管理にのみを継続するものとみられます。将来的に開発は再開される予定となっていますが、最新鋭と謳って設計された機材が、度重なる開発遅延により旧世代に近づきつつあり、今後マーケットでニーズがあるかは不透明な状況となっています。Photo : Mitsubishi Aircraft Corporation

三菱重工、スペースジェットの開発費を大幅に削減し事業を一時凍結も開発は継続することを発表

三菱重工、ボンバルディアの事業取得を正式発表

三菱航空機、スペースジェットの開発計画を見直しへ 70席級のM100は開発を当面見合わせ